【疑問】妊娠中のニキビは跡になりやすい?

【疑問】妊娠中のニキビは跡になりやすい?

妊娠中のニキビは跡になりやすい?

 

 

今までニキビとは無縁だった人でも妊娠中はお肌が荒れやすくなり、ニキビで悩まされる人もいます。こういったことはなぜ起こるのでしょうか?また、妊娠中のニキビ跡は残りやすいのでしょうか?

 

 

 

■ホルモンの乱れ
妊娠初期はとにかくニキビができやすくなります。これは妊娠したことでホルモンのバランスが変わることが原因です。特に妊娠初期にニキビができる人が多いようです。ただでさえ、つわりで苦しい中お肌も荒れてしまうのはとてもつらいですよね・・・。でも大丈夫です。これもすべてホルモンのせいですので、出産後には治ることがほとんどです。
 一言にホルモンバランスの乱れと言っても、実際には体の中でどのようなことが起こっているのでしょうか?妊娠中、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが活発に分泌されます。これは妊娠中には必ず必要な女性ホルモンなのですが、これが毛穴に詰まってニキビの原因となるのです。「毛穴に詰まってニキビができる」という理論は、妊娠中だけではなくニキビの原因で必ず説明されることですよね。
また、妊娠中は食事が思うように摂れなかったり、便秘がちになってしまうこともニキビの原因となってしまいます。妊娠中ではなくとも、便秘はニキビに深く関係してきますし、食事の乱れもお肌を荒れさせる原因となってしまいます。ただし、妊娠中の場合便秘も食事の乱れも体調によってはなかなか改善できるものではないだけに余計にストレスになってしまいますよね。

 

【疑問】妊娠中のニキビは跡になりやすい?

 

 

 

■妊娠中のニキビは跡になりやすい
妊娠中のニキビケアは、お肌がとても敏感になっている分注意が必要です。ニキビケアをうたった商品にはとても刺激の強いものがありますので、なるべく低刺激のものを選ぶようにしてください。妊娠中のニキビは跡になりやすいとよく言われますが、免疫力が低下したり、鉄分不足になったり、メラニン細胞が活性化しやすくなっている状態ですので、シミやニキビ痕が残りやすいのです。ですので、なるべくきちんと日焼け対策をして、ニキビ痕が色素沈着をしないように心がける必要があります。 
妊娠中のお肌はとにかく乾燥しやすいので、保湿もきちんと行うようにしてください。どうしてもニキビが治らない場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

【疑問】妊娠中のニキビは跡になりやすい?

 

 

 

■ニキビ痕の改善方法は?
とにかく保湿を心がけ、またホワイトニングを心がけましょう。ホワイトニングをすることで色素沈着に働きかけ、ニキビ痕が茶色くなることを防いでくれますし、新たなシミについても事前に発生を防止します。またビタミンC誘導体をピンポイントでお肌に補給することもニキビ痕やシミ、色素沈着には効果が期待できるでしょう。
 より無添加、自然にニキビ痕を治したいという方にはヨーグルトパックもよいでしょう。無糖ヨーグルト1さじ、ハチミツ2分の1さじ、小麦粉少々を混ぜて顔に塗るだけですので、簡単ですよね(事前に小麦粉のアレルギーがあるかどうか確認してください)。ヨーグルトには美肌効果がありますので、色素沈着に効くばかりか、お肌のトーンも一つ上がります。また、ハチミツにはたっぷりとビタミンCも含まれていますし、保湿効果もとても優れていますので、是非試してみてください。ご自宅にあるものばかりでできますので、とても経済的にお手入れができます。ピーリング効果もありますので、お肌のターンオーバーを促進してくれ、マルチな効果が期待できます。ただし、ピーリング効果がありますので、毎日やってしまうとお肌にとっては少し刺激が強いかもしれませんので、一週間に2度ほどを目安に行うとよいでしょう。

 

 

 

 

【疑問】妊娠中のニキビは跡になりやすい?

 

 

 

妊娠中は様々なお肌トラブルに見舞われますが、産後はデトックス効果でお肌の調子もよくなる人も多いそうですので、あまりストレスにならないように気楽に考えてくださいね。

 

 

 

化粧水でニキビ跡は消せる?