目立ってイヤ!鼻の下のニキビ痕の改善方法とは?

目立ってイヤ!鼻の下のニキビ痕の改善方法とは?

鼻の下のニキビ痕の改善方法とは

 

 

鼻の下にニキビ痕ができたことはありませんか?鼻は顔の中心にありますので、どうしても目立ってしまいますよね。ニキビであれば数週間したら治ってくれますが、ニキビ痕になった場合は長いことその恥ずかしさを共に生活していかなければならないことになります。今回は鼻の下のニキビ痕に焦点を当ててみたいと思います。 

 

 

 

■鼻の下のニキビはなぜできるのか
鼻の下のニキビはひりひりするし、痛みを伴う場合が多いですよね。なぜヒリヒリする痛みを伴うのか、それはよく触れてしまう場所だからです。手で振れやすいので、治りにくいのです。また皮脂の分泌も多く、紫外線にもあたりやすいという魔のゾーンでもあります。
 皮脂が貯まりやすいということは、油取り紙などで皮脂を取り除けばいいのではないの!?と考えられる方もいらっしゃるかもしれません。油取り紙でお肌が乾燥してしまう人もいますので、お肌タイプに合わせて皮脂を取り除くようにしてください。

 

 

 

■鼻の下のニキビは痕になりやすい?
鼻の下のニキビだからと言って、特別ニキビ痕になりやすいわけではありません。鼻の下のニキビはそこまで大きなサイズのニキビにはならないことが多いですので、その分ニキビ痕としてもサイズが小さく、目立ちにくいです。また、鼻の下のニキビ痕は赤いニキビ痕になりやすく、赤い場合はスキンケアできちんとケアしてあげれば早期に治る場合が多いでしょう。

 

目立ってイヤ!鼻の下のニキビ痕の改善方法とは?

 

 

 

■赤いニキビ痕の対処法 
「ニキビ痕は治らない」と言っても、多くの場合目立たなくすることは可能です。特に赤いニキビ痕はお肌のターンオーバーを促進し、新しいお肌が作られることによって徐々にニキビ痕は目立たなくなります。お肌のターンオーバーを促進するには以下の方法がありますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

・基礎化粧品
ビタミンC誘導体やホワイトニングの効果がある化粧水や美容液を選ぶことによってお肌のターンオーバーを促進するのが最も簡単に誰でもできる方法です。基礎化粧品は朝晩二度使うものですので、ニキビ痕に特化したものを使うようにしましょう。 

 

おすすめはこちら
新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!
リプロスキン

 

 

・ピーリング
ピーリングは美容クリニックや皮膚科にて専門医から行ってもらうタイプのものと、市販で売られているピーリング剤、それから自宅で簡単にできるピーリングがあります。ヨーグルトパックやオリーブオイルクレンジングなどは自宅にあるもので簡単にできます。 

 

【ヨーグルトパック】
ヨーグルト 大匙一杯
ハチミツ 小さじ 2分の1
小麦粉 適量 
上記のものをすべて混ぜ合わせて洗顔の後に顔にぺたぺたと塗っていきます。20分後洗い流した後は顔のトーンが上がりますし、保湿効果もありますし、ピーリング効果もあります。

 

【オリーブクレンジング】
オリーブオイル 大匙一杯
お砂糖 小さじ一杯

 

上記のものを混ぜ合わせて、クレンジングとして使います(アイメイクは先に落としておきましょう)。お砂糖がスクラブ効果をもたらし、ピーリングとして使えます。 

 

 

・生活習慣の見直し 
ニキビは生活習慣やストレス、体の中に原因がある場合もあります。生活習慣、特に食事や睡眠を見直すことでニキビができにくい体質を作ります。また通常の食事に少しタンパク質やビタミンなどが含まれた野菜を摂ることでお肌のターンオーバーを助ける役割を果たしてくれます。最近ではインターネットや携帯のアプリでメニューを簡単にチェックすることが出来ますので、どうやって食事の改善をしたらいいかわからないという方は一度タンパク質やビタミンCが豊富に入っている食物を検索して、レシピを調べてみるとよいでしょう。 
また、どうしても食事では補えない栄養素はサプリなどで補うようにするとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻の下のニキビ跡はとても気になりますが、きちんとケアすることで目立たなくなりますので安心してください。 

 

 

 

ニキビ痕のスキンケアの正しいやり方とは?