誰でもキレイにニキビ跡を治すには?タイプ別の対処法

誰でもキレイにニキビ跡を治すには?タイプ別の対処法

ニキビ跡を治すには?タイプ別の対処法

 

 

もともとニキビが出来やすく、敏感肌の方にとってニキビ跡って悩みの種のひとつですよね。私も、少し仕事で疲れたり寝るのが遅かったら、すぐに口元やおでこにニキビが出来てしまい、なかなか治らず跡になってしまうことが多いです。
跡を隠そうとしてコンシーラーやファンデーションを厚塗り、クレンジング不足によって悪化させてしまう…ということの繰り返しでした。
ニキビ跡を治そうと決め、実際に行ったケアによってだいぶ目立たなくなりました。

 

 

ニキビ跡は、皮膚の炎症や傷のことだったり、色素沈着を起こしてしまいシミのようになってしまった状態です。ニキビってなぜかいつも同じ場所でできますよね。
同じ場所に繰り返しニキビができることで、炎症を繰り返しニキビ跡になってしまうのです。
ニキビ跡には3つの種類があります。それぞれ改善方法が異なりますのでご紹介します。

 

 

 

赤みタイプ
ニキビは治りますが、赤みが残るタイプです。ニキビの炎症によって毛穴がうっ血することで赤みができます。
赤みタイプのニキビは、炎症が残っているだけなので、比較的簡単に改善することができます。
赤みタイプのニキビには、ビタミンC配合のスキンケアコスメがオススメです。ビタミンCは、皮脂を抑制したり、炎症を抑える抗菌効果がありますので、皮膚を滑らかにきれいに改善してくれます。ビタミンC誘導体配合のスキンケアコスメは、皮膚の浸透率が高くオススメです。
また、食生活でもビタミンCは簡単に摂れるので積極的に摂るようにしましょう。
柑橘系のフルーツに多く含まれていますので、食事やジュースにフルーツを取り入れるなど工夫してみてください。

 

 

おすすめはこちら。
VCスターターセット
VCスターターセット

 

 

 

シミタイプ
紫や茶色のシミとして残ってしまう状態で、皮膚が色素沈着を起こしてしまっています。
紫シミはニキビ炎症した際に毛細血管が内出血を起こしてしまった状態です。
茶色シミはメラニン色素が原因です。メラニン色素は、日焼けの悪化になるものですが、ニキビができることで皮膚に生成されます。
シミタイプのニキビ跡は、なかなか食生活や日頃のスキンケアでは改善しにくいのでピーリングがオススメです。お肌の古い角質をピーリングによって落とし、新しい肌の再生を促す方法です。ピーリングによって皮膚トラブルなどを起こす方もいらっしゃるので、お肌の刺激が少ないものがオススメです。
あまりやりすぎるとかえってシミの原因になってしまうので、週に1回程度行ってください。
また、ハイドロキノン配合の美容液もおすすめです。

 

 

ハイドロキノンとビタミンC!点と面で攻める透肌美活
透肌美活

 

 

 

クレータータイプ
ニキビ跡が治らず、でこぼこしたクレーターのようになってしまっている状態です。
始めは軽い炎症だけだった赤ニキビが悪化して皮膚の深層部まで炎症してしまい起こります。深層部ななかなか回復せず、でこぼこになってしまいます。
クレータータイプは、セルフケアでは治すことが難しいです。
皮膚科や美容皮膚科で治療することが改善の一番の近道です。
美容皮膚科では、ケミカルピーリングやレーザー治療など行うことでクレーターを目立たなくさせることができます。
治療費はかかりますが、専門医に自分に合った治療法をしてもらえるのでオススメです。

 

 

 

 

 

あなたのニキビ跡はどのタイプでしたか?
ニキビ跡を治すには、洗顔・スキンケア・生活習慣!
なるべく早い段階でニキビケアをして、ニキビ跡を作らないことが大事です。
ニキビを作らずキレイな肌を保つため、丁寧な洗顔・スキンケアを毎日続けることと、食生活でビタミンやタンパク質を摂ること、睡眠環境を整えることに気を付けましょう。

 

肌のターンオーバーが正常に行われることで、角栓ができても洗顔によってニキビにならず洗い落とされるようになってきます。
ニキビを防止し、ニキビ跡を治すために、難しいことはひとつもありません。
健康的に過ごすことで、ニキビ跡が改善され美肌につながります。
ヘルシーな食事にシフトチェンジして、内側から美肌を作りましょう。

 

 

 

鼻の下のニキビ痕の改善方法とは