知らないと後悔する!茶色のニキビ痕を消すには?

知らないと後悔する!茶色のニキビ痕を消すには?

茶色のニキビ痕を消すには?

 

 

赤みのニキビ痕、クレーター型のニキビ痕、茶色のニキビ痕・・・。ニキビ痕と一言で言っても、ニキビ痕には様々なタイプがあります。今回は茶色くなってしまったニキビ痕の治療方法について説明しますので、ご参照くださいね!

 

 

 

■茶色のニキビ痕の原因
茶色のニキビ痕は何が原因なのでしょうか?茶色のニキビ痕は、色素沈着から起こるもの、つまりシミです。まずニキビが発生し、そのままニキビがきれいに治ってくれればよいですが、赤みのニキビ痕になってしまう場合があります。せめて赤みのニキビ痕の時にしっかりとケアをしておければ、赤みのニキビは痕にならず徐々に消えていくのですが、ケアを行わなかった場合や赤みのニキビ痕に紫外線をたくさん浴びてしまった場合、それが色素沈着を起こし、茶色いニキビ痕となってしまうというわけです。25歳はお肌の曲がり角とはよく言ったものですが、25歳を過ぎるとシミができやすくなる傾向があります。ニキビは思春期の頃と比べるとできにくくなる人が多いですが、仕事や人間関係のストレスから大人ニキビになってしまう人もいます。大人ニキビは痕に残りやすく、ここで赤ニキビ痕が残り、その赤ニキビ痕が茶色い色素沈着、すなわちシミになってしまうのです。25歳を過ぎたら、ニキビだけではなく、ニキビ痕とシミ防止のための対策をしたいものです。

 

知らないと後悔する!茶色のニキビ痕を消すには?

 

 

 

■どうしたら消えるの?
一度茶色く色素沈着してしまった場合は、すぐにそれが消えるわけではないと覚悟をしましょう。ただし、スキンケアや食事の改善によってはだいぶ改善して行けるものですので、今回はそれをご紹介します。
まず色素沈着・シミを消すためにしなくてはならないことが、「お肌のターンオーバーの改善です」。ニキビができる原因もお肌のターンオーバーが正常にできていないことが原因の場合もありますが、ニキビ痕を消したい場合もこのお肌のターンオーバーの改善をすることが重要です。お肌のターンオーバーを改善することで、正しいサイクルでお肌が再生することを助け、新しい皮膚が再生されることでシミや色素沈着は徐々に消えていきます。また、茶色いニキビ痕にはホワイトニングをきちんと行うことで色素沈着を改善していくことができます。
ではホワイトニングやお肌のターンオーバーはどのようにして改善・促進していけばよいのでしょうか?

 

知らないと後悔する!茶色のニキビ痕を消すには?

 

 

 

■お肌のターンオーバー

 

・スキンケア
まずは毎日使うスキンケアを見直してみましょう。あなたは今自分が使っている化粧水の効能を知っていますか?ホワイトニングやお肌のターンオーバーを促進をうたっている化粧水や美容液はたくさんありますので、そちらを試してみましょう。最近ではインターネットでも口コミやレビューを確かめることが出来ますので、他の人が使った感想などを確認してから購入してみるとよいでしょう。 

 

おすすめはこちら
Reproskin(リプロスキン)
Reproskin(リプロスキン)公式サイト

 

 

・食事で改善
スキンケアと同じくらい重要なのが、食事です。体の中から体質を変えていきます。どのような栄養素がニキビ痕に効くのでしょうか。お肌のターンオーバーを促進してくれるのは、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、それから亜鉛です。この時一緒に食べるものにも注意してみましょう。一緒に摂取することで吸収率を高めてくれる食物もあります。ビタミンAやEは油と一緒に摂ることで吸収率がアップしますし、ビタミンCは亜鉛と一緒に摂ると効果的とされています。

 

 

 

 

・睡眠
ニキビ痕を消すことには直接関係はないのですが、睡眠は人間のもっとも基本となるものです。質のよい睡眠を心がけ、また遅くても午後1時までには就寝するようにしましょう。お肌は寝ている時に作られます。お肌再生ののゴールデンタイムは午後10時から午前2時と言われています。 

 

 

 

 

知らないと後悔する!茶色のニキビ痕を消すには?

 

 

 

■最後に
いかがでしたか?茶色いニキビ痕も時間をかければきちんと治りますので希望を持って地道にケアしていきましょう。

 

 

 

ニキビ痕のスキンケアの正しいやり方とは?